URL

鯨月堂  

フリッカー、あるいは記憶のカケラ   



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
【--/--/--】

石の午後 III
【2006/07/29】 | トラックバック(0) | コメント(7)
石の午後 II | INDEX | 灯台
コメント
はじめまして~☆☆
素敵写真大好きっ仔な嵐夏と申す者です。
『カルデラ』も素敵ですごくすごく気に入っちゃいました☆☆

お友達に…、お近づきになれたら嬉しいです…。うへ。
またこっそり来ますね。
それでは。(*^―^*)ノシ
【2006/07/29 16:43】 URL | 嵐夏。 #-[ 編集]
嵐夏。さん
気に入って頂けましたら、うれしく思います。
いつでもまたいらして下さい。
【2006/07/29 17:01】 URL | geigetsu #CF.g508Y[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
足跡からきました。きてみれば、写真の持つ、さらに新たな魅力を、素人の私に教えて下さる、卓越したブログでした。感謝!また遊びにきます。
【2006/07/31 23:48】 URL | 失敗だらけだフニャ #lPbted/2[ 編集]
失敗だらけだフニャさん
拙い写真ですが、楽しんで頂けましたら、うれしく思います。
またいらしてくださいね。
【2006/08/01 21:11】 URL | geigetsu #CF.g508Y[ 編集]

MCエッシャーの図案にも似た異惑感のある、幻想にも似た情景です。手前の朽ちようとする石造りのモニュメントアーチが、正面に捉えられてい、後方の緑みどりした木々が、未来の朽ちた地球文明を予感させているように思えます。このアングルは、身震いさせるほど感動的です。
 
 御訪問ありがとう御座います。霊場Ⅱだったかな。訪問者確認していたら、「おっ!」と掴まれそうな雰囲気の岩場に暫く、魅せられてしまいました。
 コメントなしのPhotoのみ。
履歴を逆行。
 全ては、観ておりませんが、ひとつひとつに魂が篭もった「Photo」にであったのは、久方振りです。
 本当に、御訪問ありがとう御座います。バカチョンカメラは、どんな素人でも、まぁまぁいい写真が撮れるようになりましたが、画像が死んでいます。何処にアングルを持ってくるか、私同様、わからないのです。
 見るほうは、肥えてていても、自分が撮ることになると、何処から撮ればいいか混乱してしまいます。
 自分から、いい写真は無いかと、散々探してみても見つかりません。多くの写真サイトがあっても、数があると、わからなくなります。しかし、説明なく、写真の展覧会風に…。
 ゆっくり、観させて阿多抱きます。
                                       arkajes
【2006/09/03 02:52】 URL | arkajes #Y2n9T2rA[ 編集]
魂のPhoto
すみません。
あまりに、感銘して、タイトルも、URLも書き忘れました。
【2006/09/03 02:57】 URL | arkajes #Y2n9T2rA[ 編集]
arkajesさん
ここはかつて石切り場でしたが、CINQという彫刻家集団により
すばらしいランドアートに生まれ変わりました。
石の存在感に圧倒され、私はただシャッターを切るだけでした。
少しでもその雰囲気を伝えられたらしあわせです。
【2006/09/03 20:56】 URL | geigetsu #CF.g508Y[ 編集]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→ http://geigetsudo.blog54.fc2.com/tb.php/90-3023d428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| INDEX |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。