URL

鯨月堂  

フリッカー、あるいは記憶のカケラ   



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
【--/--/--】

あの夏の日 II
【2006/07/06】 | トラックバック(0) | コメント(5)
年輪 | INDEX | Green is the colour...
コメント

壁に巻き付いている蔦の葉は長い時間をゆっくりと過ごしていたんでしょうね。
奥の窓の風景をずっと見守って、周りを守ってきた感じです。
優しい葉っぱ。
去る夏・・・哀愁もまた心にしみます。
【2006/07/09 01:09】 URL | 海老 #kpjYxc8I[ 編集]
海老さん
蔦に覆われた建物は、たとえ棄てられたものでも、温かい感じがします。
まるで、まだ誰かがそこに住んでいるかの様です。
蔦が主人の代わりに、守ってくれているのかもしれませんね。
【2006/07/10 02:16】 URL | geigetsu #CF.g508Y[ 編集]

奥の建物にある青々とした蔦と対照的な蔦で・・・
それぞれの時間の経過が感じられますね。
たとえ廃墟でもその這った場所で生きていく思いが
何となく虚しくも力強さが伝わります。
【2006/07/11 23:54】 URL | 瑠衣 #hXs4jPac[ 編集]
瑠衣さん
植物には好きな場所で生きる自由すら無いのですね。
ただ静かに運命と現実を受け入れる。
私には出来そうにもありませんが、
それもまた尊敬に値する生き方かもしれません。
【2006/07/12 18:39】 URL | geigetsu #CF.g508Y[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/12 22:56】 | #[ 編集]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→ http://geigetsudo.blog54.fc2.com/tb.php/86-157ed1a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| INDEX |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。