URL

鯨月堂  

フリッカー、あるいは記憶のカケラ   



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
【--/--/--】

神殿
【2006/04/18】 | トラックバック(0) | コメント(4)
時の旅人 | INDEX | 神殿 II
コメント

はじめまして。訪問履歴から来ました。
不思議な廃墟ですね。なぜタイトルが「神殿」なのでしょうか?
【2006/04/21 15:05】 URL | jyakuzuregawa #-[ 編集]
jyakuzuregawaさん
どうしてでしょう。
かつてここに神が祀られていたような気がしたからでしょうか。
それはとても邪悪な神でしたが。
【2006/04/21 16:28】 URL | geigetsu #CF.g508Y[ 編集]

 こんにちは、あんぱさんどです。履歴から参りました。ご訪問いただいて嬉しかったです!
 が、ウチのサイトでも駄文の間に写真を載せているので、少々お恥ずかしかったです……。
 さて「神殿」ですが、三角屋根?と高さを強調する縦ラインが、確かにギリシャ神殿っぽいですね。
「邪悪な場所」であることを意識して、こんな意匠にしたのでしょうか?
 ここで働く者や、周りの人間の気持ちを、その罪意識から軽くする為に……。
 構造物を美しく作るのも人、それを邪悪に使うのも人なんですね。
 次の作品の、花模様みたいな毒ガス釜の台座?も、きれいでした。
 これは意図して美しく設計された物でないはずですが、それが何に使われていたかに関係なく、捨て置かれて初めて美しいと思わせる、そんなところが皮肉にも思えます。
 物はただ、黙って存在しているだけなんでしょうが……。
 黙って存在するだけのモノに、感じた心を載せて人を揺り動かせる、
私もそんな写真が撮れたらと、強く思いました。
 揺り動かされました。
 これからも、作品楽しみにしております。
 

 
【2006/04/21 18:28】 URL | あんぱさんど #-[ 編集]
あんぱさんどさん
偶然の一致か、設計者の意図だったのかは分かりませんが、
結果的にこのような姿になった事、とても興味深く思います。
あの時代、まるで熱病のように人々は何かを信じていたのかもしれません。
ここにあったタンクは、その一つの象徴のような気がします。

あんぱさんどさんがおっしゃる様に、ここで私が最初に感じたことも「美」でした。
黒く焼かれた壁に差し込む木漏れ日、光に照らされ浮かび上がる台座。
この忌まわしい場所に似つかわしくない感情を抱く自分自身に当惑しました。
【2006/04/22 00:10】 URL | geigetsu #CF.g508Y[ 編集]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→ http://geigetsudo.blog54.fc2.com/tb.php/49-d0f0dcfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| INDEX |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。